高齢者疑似体験

私が所属している、千葉県建築士会 千葉支部 女性委員会企画の勉強会がありました。

 

 高齢化社会において、お年寄りや身体に障害のある人が、生活をする住環境をよりよく提案する為に、高齢者疑似体験研修に参加してきました。

 

健康な80歳を体験できるキット『うらしま太郎』を装着します。

足首・手首に重りをつけ、膝にはサポーターで曲がりにくくし、

前かがみになるような、重り入りのベストを着ます。

最後に、耳栓をして、メガネ(白内障による視覚変化を想定しています)をかけます。

 

じっと立っているだけでも、身体全体が重く感じます。

装着してすぐには、疲れる感じはしませんが、長時間体験すると大変さがわかるようです。

私が一番大変さを感じたのは、白内障のメガネです。

ほとんど見えません。薄明るいところでは、もっと見えなくなり、

外の明るいところは、見えても全体に黄色味かかって、すっきりした青空がわかりません。

 

廻りの人達の会話も、何をしゃべっているか聞き取れないので、

うんうんと、うなずくだけです。

 人に会うことが面倒くさいと思ってしまうかも?

そんな気分になり、引きこもりがちになるお年寄りの気持ちが解ってきました。

 

吹き抜けにあった、透明ガラスの手すり壁は、何もないような不安感を感じ、近付きたくない気持ちになり、健常者がいいと思うデザインの、見落とすところが勉強になった一日でした。

【体験場所】

千葉県福祉ふれあいプラザ “総合的介護予防施設”

千葉県我孫子市本町3-1-2 けやきプラザ内

TEL:04-7165-2881

ホームページ http://www.furepla.jp/

 

※一般の方も、体験できます。

 

 

お問い合わせ

江南 由賀 えなみゆか

一級建築士

インテリアプランナー

 

千葉市若葉区みつわ台

1-27-1 

エコガーデン A305 

TEL: 043-375-2299

直通:090-4247-1585

お問合わせはこちらから

 

Houzzに登録中の若葉区, 千葉県, JPの江南 由賀

facebookからの

メッセージも歓迎です