断熱材を新しく!

 畳からフローリングに既に、リフォームしてある部屋でしたが、床下の断熱材が入っていないので、フロアを剥がして、根太を残しました。

 根太の状態を確認して、弱い部分は、補強します。

床下用の断熱材をいれて、下地を敷き詰めます。

外壁部分の断熱材も全て、新しく入れ替え、下地ボードも新しくなり、新築と変わりません。

 

 築年数の経過している建物は、断熱材がすでに、機能を失っている場合が多いので、

新築と同じように、床・壁の下地から調査し、新しくすることで、完成した住居は、見た目だけではなく、住心地のいい快適な空間になります!

 

 

お問い合わせ

江南 由賀 えなみゆか

一級建築士

インテリアプランナー

 

千葉市若葉区みつわ台

1-27-1 

エコガーデン A305 

TEL: 043-375-2299

直通:090-4247-1585

お問合わせはこちらから

 

Houzzに登録中の若葉区, 千葉県, JPの江南 由賀

facebookからの

メッセージも歓迎です